スーパーカブ C125が発表されました。

上質感を追求したパーソナルコミューター

初代「スーパーカブ C100」から続く、その優雅でモダンなスタイルを継承しより上質感を追求した原付二種(第二種原動機付自転車)のパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」が発表になりました。

羽ばたく鳥の翼をモチーフにしたハンドルや、ハンドルからフロントフォークへつながる可動部から独立したレッグシールドなど、初代モデルを彷彿とさせるこだわりを随所に散りばめています。そして、スーパーカブならではのスタイルを印象付ける、レッグシールドからリアフェンダーへと流れるエレガントなS字ラインなど、いつの時代も新しさを感じられる、気品漂う佇まいとしています。

座り心地と足着き性に配慮した赤いシート
オールドウイングマークを採用したエンブレム。

走行性能

いつでも気持ちよく走れる、快適な乗り心地を目指して。空冷4ストローク125ccエンジンの採用により、パワフルでゆとりある走りを追求。さらにエンジンノイズを低減し、静粛性も向上しました。
また、電子制御で理想的な燃料供給を行うPGM-FIを採用し、排出ガスを抑制して環境に配慮するとともに、燃料消費率69.0km/L*を実現しています。

*燃料消費率(60km/h定地燃費値)。
※燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。